セレッソ大阪 2018新ユニフォーム ホーム

セレッソ大阪の2017シーズンは実り多きものだった。 就任1年目のユン・ジョンファン監督のもと、ハードワークを植え付けえられたチームはJ1復帰初年度とは思えないパフォーマンスを披露。リーグで上位争いを展開すると、YBCルヴァンカップでは決勝で川崎フロンターレを破り、悲願の初タイトルを獲得。J1でも3位に入りACL出場権を獲得したほか、天皇杯もベスト4に進んでいる。 2017年を大いに盛り上げたチームの一つである彼らが22日、2018シーズンに向けた新ユニフォームを発表した(写真:セレッソ大阪)。 Cerezo Osaka 2018 Puma Home セレッソの新しいホームユニフォームは、伝統のピンクを基調に、白との組み合わせを採用したデザイン。 パンツも白となっており、セレッソのホームとしてはかなり新鮮なイメージとなった(ソックスはおそらくピンクで上部が白)。 シャツには、クラブの象徴である桜のグラフィック(※「セレッソ」はスペイン語で桜の意味)。全部で11個の桜が描かれているという。 サプライヤーは3年目を迎えるPuma。今回のユニフォームは彼らの2018年春夏コレクションの新モデル、LIGA Collection(リーガ コレクション)のデザインを採用している。 肩から袖にかけて配された伝統的なアパレルフォームストライプとクラシックなデザインのクルーネックが特徴だ。