アトレティコ・マドリー、グレーを基調とした2014-15新アウェイユニフォームを発表

2013-14シーズン、リーガで10年ぶりとなる“2強越え”を実現し、記念すべき10度目のリーグ優勝を達成したアトレティコ・マドリー

CLでも準優勝という結果を残したが、その準決勝で敗れた相手、ジョゼ・モウリーニョ監督率いるチェルシーに今夏は戦力を狙われ、既にFWジエゴ・コスタとDFフィリペ・ルイスが移籍。ローンしていたGKティボー・クルトワもチェルシー復帰が有力視されており、また契約が切れたMFティアゴ・メンデスもロンドンへ向かうのではないかと言われている。

補強はやはりそれらのポジションが中心で、ここまでFWマリオ・マンジュキッチ(バイエルン)とDFギリェルメ・シケイラ(グラナダ)、さらにクルトワの後継者としてスロベニア代表の若きGK、ヤン・オブラク(ベンフィカ)などを獲得している。

atletico-madrid-2014-15-nike-away

Atlético Madrid 2014-15 Nike Away
5月に発表されたホームに続き、アトレティコの2014-15アウェイが登場。

アトレティコのアウェイとしては珍しいグレーを基調に、Nikeの2014-15モデルで見慣れたシェブロン(V字)パターンのグラデーションを採用したデザイン。胸スポンサーは引き続きアゼルバイジャン政府が務める。

atletico-madrid-2014-15-nike-away

首まわりや袖口にはほんのりと赤を配置し、アトレティコらしさを出している。