アトレティコ・マドリー、グレーを基調とした2014-15新アウェイユニフォームを発表

2013-14シーズン、リーガで10年ぶりとなる“2強越え”を実現し、記念すべき10度目のリーグ優勝を達成したアトレティコ・マドリー。 CLでも準優勝という結果を残したが、その準決勝で敗れた相手、ジョゼ・モウリーニョ監督率いるチェルシーに今夏は戦力を狙われ、既にFWジエゴ・コスタとDFフィリペ・ルイスが移籍。ローンしていたGKティボー・クルトワもチェルシー復帰が有力視されており、また契約が切れたMFティアゴ・メンデスもロンドンへ向かうのではないかと言われている。 補強はやはりそれらのポジションが中心で、ここまでFWマリオ・マンジュキッチ(バイエルン)とDFギリェルメ・シケイラ(グラナダ)、さらにクルトワの後継者としてスロベニア代表の若きGK、ヤン・オブラク(ベンフィカ)などを獲得している。 Atlético Madrid 2014-15 Nike Away5月に発表されたホームに続き、アトレティコの2014-15アウェイが登場。 アトレティコのアウェイとしては珍しいグレーを基調に、Nikeの2014-15モデルで見慣れたシェブロン(V字)パターンのグラデーションを採用したデザイン。胸スポンサーは引き続きアゼルバイジャン政府が務める。 首まわりや袖口にはほんのりと赤を配置し、アトレティコらしさを出している。

マンチェスター・シティの2015-16新ユニフォームがリーク!

残り8試合と、いよいよ佳境に入った今季のプレミアリーグ。 首位は5年ぶりの優勝を狙うチェルシー、2位には勝ち点6差でマンチェスター・シティがつけている。しかし、チェルシーの方が1試合少ないため想定される最大勝ち点差は9。 直接対決も既に消化しているだけに、シティは残り試合で全勝に近い成績を収める必要があるだろう。 来週末にはユナイテッドとのアウェイでのマンチェスター・ダービーが控えている。 Manchester City 2015-16 Nike Home (Leaked) そのシティの2015-16シーズンに向けた新しいホームユニフォームがリーク。 大きめの白襟とともにサイドパネルにも白を配置した清潔感のあるデザイン。ロベルト・マンチーニ監督のもと、劇的な形で44年ぶりのリーグ制覇を達成した2011-12シーズンのホーム(下)を思い起こさせる。

ロシア、EURO2016の新アウェイユニフォームは「双頭の鷲」が印象的

EURO2016予選途中にファビオ・カペッロ監督との契約を解除し、CSKAモスクワのレオニード・スルツキー監督に白羽の矢を立てる形でなんとか予選突破を果たしたロシア。 クラブ側が譲歩する形の契約で当初は予選終了までの兼任だったが、本大会出場を決めたことでEURO2016まで延長。もしここで結果を残すようなら、2018年に地元で開催されるワールドカップでも指揮を執ることになるかもしれない。 Russia 2016 adidas Away ホームに続いて発表されたロシアの新アウェイユニフォームは、引き続き白を基調にしたデザイン。ロシアのシンボルでエンブレムにも用いられている「双頭の鷲」を透かしでシャツの中央に配している。 アウェイは白いシャツに青パンツ、赤ソックスという組み合わせ。ロシアの国旗カラーを表現したコーディネートは、Nike時代の2006-07ホーム以来となる。

サガン鳥栖 2017新ユニフォーム ホーム

FC東京で実績を残したマッシモ・フィッカデンティ監督の就任が注目を集めたサガン鳥栖。 昨季は1stステージの15位から一転、2ndステージでは上位争いを展開。最後は失速したものの年間11位まで巻き返し、5年連続のJ1残留を果たした。 フィッカデンティ体制2年目となる今季は、キャプテンを務めていたMFキム・ミヌが兵役のため退団。日本代表GK林彰洋もFC東京へ移籍したが、MF鎌田大地の慰留には成功した。 他にも新戦力として、DF小林祐三(横浜FM)、MF小川佳純(名古屋)、MF太田徹郎(柏)、MF原川力(川崎から期限付き移籍)らを獲得している。 Sagan Tosu 2017 New Balance Home 鳥栖の2017シーズンに向けた新ユニフォームは、『アクセラレーション(加速力)』がコンセプト。「さらなる進化を加速させる」という思いが込められたデザインだ。 ホームはオーセンティックなボールドボーダーを脇にかけて細く描き、白を配色することにより、スリムでスピード感を強調。 伝統的なサガンブルー、サガンピンクを基調とすることによりクラブの歴史を保ちつつ新しいコンセプトである『加速力』を表現している。

ドルトムント、2017-18新アウェイユニフォームはブラック×イエロー!

本日15日に埼玉スタジアム2002で、浦和レッズとプレシーズンマッチを行ったドルトムント。14日には香川真司の2020年までの契約延長という朗報がもたらされた。 そのドルトムントが来日前の13日に、2017-18シーズンに向けた新しい“STEP OUT”アウェイユニフォームを発表した。 Pumaは全世界で契約する23のクラブによる、ダークカラーを共通デザインとした、アウェイまたはサードユニフォーム「STEP OUT」キャンペーンを展開している。 ドルトムントはマルク・バルトラをモデルに起用して、ホームスタジアムであるジグナル・イドゥナ・パルクを背景にアウェイユニフォームを披露。 力強くソリッドなルックで、選手もサポーターも自信を持って敵地に乗り込む。これが“STEP OUT”のデザインコンセプトだ。 Borussia Dortmund 2017-18 Puma Away ダークカラーがコンセプトの“STEP OUT”だが、ドルトムントにとっては定番のアウェイ(またはサード)キットのカラー。スポンサー「EVONIK」のロゴはホワイト単色とし、全体的にブラック、イエロー、ホワイトの3色でまとめている。 背面の首元には「BVB」をプリント。Ballspielverein Borussiaの略で、ボルシアの球技クラブ(または球技団体)の意味。 マルセル・シュメルツァーも着用モデルに。こ゚の写真でのパンツの色は、ホームユニフォームと同じイエローを着用している。

セレッソ大阪 2018新ユニフォーム ホーム

セレッソ大阪の2017シーズンは実り多きものだった。 就任1年目のユン・ジョンファン監督のもと、ハードワークを植え付けえられたチームはJ1復帰初年度とは思えないパフォーマンスを披露。リーグで上位争いを展開すると、YBCルヴァンカップでは決勝で川崎フロンターレを破り、悲願の初タイトルを獲得。J1でも3位に入りACL出場権を獲得したほか、天皇杯もベスト4に進んでいる。 2017年を大いに盛り上げたチームの一つである彼らが22日、2018シーズンに向けた新ユニフォームを発表した(写真:セレッソ大阪)。 Cerezo Osaka 2018 Puma Home セレッソの新しいホームユニフォームは、伝統のピンクを基調に、白との組み合わせを採用したデザイン。 パンツも白となっており、セレッソのホームとしてはかなり新鮮なイメージとなった(ソックスはおそらくピンクで上部が白)。 シャツには、クラブの象徴である桜のグラフィック(※「セレッソ」はスペイン語で桜の意味)。全部で11個の桜が描かれているという。 サプライヤーは3年目を迎えるPuma。今回のユニフォームは彼らの2018年春夏コレクションの新モデル、LIGA Collection(リーガ コレクション)のデザインを採用している。 肩から袖にかけて配された伝統的なアパレルフォームストライプとクラシックなデザインのクルーネックが特徴だ。